2016年01月30日

コルベット C4 フロントホイールアライメント

〔C4 コルベット まっすぐ走れない ボールジョイント交換〕
ステアリングに「遊び」を感じるC4です。手を離すと ステアリングが左右に小刻みに激しく振れます。
全体的に左に向かって走っていくので、運転していて肩が懲ります。
点検の結果 タイロッドエンドに遊びを見つけることができました。
今回はフロントのボールジョイント類をあわせて交換する事となりました。
ボールジョイント.jpg
キャンバーブレースが取り付けられていたりコイルオーバーサスペンションなど手が加えられているので、念のため作業前のアライメントを計測しメモしておきます。(アナログでごめんなさい)
キャンバーゲージ.jpg
左右でキャスター角の差があるようです 左に流れる原因はこのあたりでしょうね。
アッパーアーム.jpg
ロアーアーム.jpg
ボールジョイント2.jpg
交換作業が終われば後は調整作業です。
S.M.jpg
アナログです(笑)
アライメント.jpg
ブッシュなどはウレタン製に交換してあり しっかりしていたので、後ろ側にテンションをかける事はせず作業前のデータ、マニュアルの数値を総合考慮して 直進性の増す調整としました。運転が楽になりました。
posted by M at 13:42| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

コルベット C5 デフ オイルもれ

〔C5 コルベット デフオイル漏れ〕
C5のデフオイル漏れと聞けば 左側のカバーが多いのですが、今回はトランスミッションとの境目からです。
場所を特定するにはデフ本体を外して見るしかありません。
外したからには確実に漏れた箇所を見つけなくてはなりません。(汗)
C5 シャフト シール.jpg
C5 シャフト1.jpg
トランスミッションのアウトプットシャフトが磨耗してしまいココから漏れてくるようです。
デフ側のシールを詰めてあげれば対応できそうですが 冒険はできません シャフトの交換ですね。
posted by M at 10:28| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

72Y モパーマッスル

昔からいろいろな資源に乏しい我が日本には、物を無駄にせず大切に使う習慣があって それを「美」としていたと思います。
でも最近 自動車に対しては違ってきたように思います。
古いものを大切に使っていると多額の納税を強いられるようになってしまいました。
古い物でも まだまだ いい物はいっぱいありますよ。

〔マッスルカー〕
ロードランナー.jpg
すばらしいコンディションです、「自動車」としての機能に 何の不安もありません。
大切になさってください。
posted by M at 10:33| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

コルベット ATオイルクーラー

〔C5 ATFクーラー追加〕
ストレス発散のためのサーキットでのスポーツ走行なのに トランスフルードの温度上昇で思いっきり踏めないなんて…
C5 ATオイルクーラー.jpg
コレは役に立ちますよ。
posted by M at 10:21| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

コルベット C5 シート

〔コルベット シートレールのガタ〕
アクセルを踏む度、ブレーキを踏む度にシートが「カクン カクン」前へ後ろへ動いてしまうC5です。
シートベルトがきつくなったりして 一定のテンションを保てません。
「カクン ギュッ」 「カクン ギュッ」
ロングドライブでは 心も体も疲労してしまいます。
C5 シート1.jpg
C5 シート2.jpg
ダンパーの役目もしているのでしょうか? ウレタン様のシムが変形しガタが出るんですね コレを交換すればパーフェクトです。
C5 シート3.jpg
小さなパーツですが効果は大きいのです。
posted by M at 10:23| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

コルベット C5 プロペラシャフト

〔コルベット エンジンの振動〕
エンジンをストップした後「コトン」という音と共に振動が出ます。
イグニッションOFFからワンテンポ遅れてエンジンがストップするような…

c5 プロペラ.jpg
c5 カップリング1.jpg

プロペラシャフトのカップリングが傷んでいます。
バラバラになってしまったら 走り出すことは難しいかもしれませんね。
外部からは見えませんから 点検するには覚悟が必要です。
走行6万`くらいでも傷んでいることがありました。
ベアリングやブッシュなども新しくしたいですね。
2 c5 カップリング.jpg
c5 プロペラ-2.jpg
posted by M at 10:27| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

GM 6L80 オートマチックトランスミッション

6L80 トラブルは多いと思います。
前に進むことができなくなりました。
1−2−3−4クラッチが完全にNGです。
トラブルコードはありません。

6L80E チェックボール.jpg
6L80E クラッチ.jpg
原因はコレ #1 樹脂製のチェックボール ドライブ1−6のボールが磨り減ってしまい反対側のバルブボディーに落ちちゃっていました。これでは適正な油圧がかからないのでクラッチには大きな負担がかかります。
症状に対して 原因が分かれば、後はできる限り新しいパーツを使って コツコツと組んでいきます。
07 6L80E-1.jpg

07 6L80E-2.jpg

07 6L80E-3.jpg

07 6L80E-4.jpg

07 6L80E-5.jpg

07 6L80E-6.jpg

スチールボールではダメな理由があるのでしょうか?
6L80 高価なトランスですから修理できるといいですね。
最後には必ずテスターで初期学習をさせます。

posted by M at 11:03| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

シボレー タホ ディストリビューター

「電力自由化」
サービス内容や価格を吟味して自由に電力会社を選ぶことができるようになるんですね。
私もそうですが、コンサバな方にとっては 今まで使っていた電力会社を替えることや、先に自由化した国での問題点(カリフォルニアの大停電やヨーロッパでの電気料金の大幅な上昇)などがあって不安はいっぱいですよね。安定供給や、値上がりの可能性などの問題が容易に解決できる対策が出来上がっていることを信じたいですね。

〔タホ ディストリビューター〕
最近ではダイレクトコイルが主流ですが、まだまだ「デスビ」も健在です。
パーツ自体が「消耗品」扱いなのでしょうか? 頻繁に故障します。
外して点検するには勇気が必要です… もうエンジンは始動しないかもしれませんから。
ローター.jpg
TBIキャップ.jpg
posted by M at 10:34| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

シボレー オートマチックトランスミッション MD8

〔オートマチックトランスミッション MD8 変速不良〕
「ローからセカンドに変速しない」で入庫です。
ガバナ.jpg

ガバナーバルブの不良ですね 遠心式です。
大事にならず よかったです。
posted by M at 10:18| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

2016

賀春.jpg

今日から本気を出してます。
posted by M at 13:22| 東京 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする