2016年08月30日

シボレー コルベット

〔コルベット ECMリプログラミング〕
突然のアクシデントです。
エンジンを始動する事が出来ません 初爆はあるようです。
インフォメーションセンターには様々なインフォメーションが表示されます。
各コントロールモジュールのコミュニケーションがとれていないようです。
テスターによる診断も ほぼほぼ出来ません。
コンピューターデーターラインそのものの不具合は無いようです。
リプロ1.jpg
リプロ2.jpg
幸い ECMとVTDのリプログラムで復帰しましたが 原因の見当が付きません。
少し長めのテストをし、再発しないことを確認して終了とします。
posted by M at 10:41| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

クライスラー オートマチックミッション 44RE

〔オートマチックミッション 44RE(A500SE)〕
そのときは突然やって来ます。
さっきまで快適にドライブしていたのに 何だかエンジンの回転数が簡単に上がってしまいます。
トランスミッションの故障です。

ウィークポイントがあります。
44RE-3.jpg
リヤーサーボに関係するチェックボールがスペーサープレートを貫通してしまいます。
なので プレッシャーが弱くなってしまうんですね。
44RE-4.jpg
オーバーホールついでにずっこけにくいフロントバンドに交換します。
44RE-1.jpg
44RE-2.jpg
消耗部品やフリクションプレートなどを点検や交換し組み上げます。
オーバードライブユニット.jpg
この 後付けのオーバードライブユニット ユニークな発想ですね。
もっと工夫すれば本体3速+後付け4速=7速ユニットなんて出来そうですね 重くなるけど。
posted by M at 13:35| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

バタバタしてます。

〔いろいろやってます〕
インジェクター.jpg
インジェクターから燃料がもれたり。

エキマニ.jpg
トランスミッションを外す前にエキゾースト系のボルトが完全にアウトだったり。

エレクトリックプレート2.jpg
タービンスピードが出力されなかったり。

ドアコントロールモジュール.jpg
窓が開かなくなったり。

ACコントロールH.jpg
エアコンの表示部分の修理をしたら、照明用の電球がいくつか切れて交換したり。

Gクラス3.jpg
Gクラス1.jpg
マニュアルとにらみあってみたり。

U-ジョイント.jpg
ジョイント交換したり。

スピードセンサー.jpg
パーツが不良品だったり。

カーボンクリーニング.jpg
カーボンクリーニングしてみたり。

キャタライザー.jpg
キャタライザーをクルマに合わせたり。

カントリー アッパーアーム2.jpg
足回りのオーバーホール&アライメント調整とか。

とにかくバタバタしています。
posted by M at 10:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

GMC ユーコン エンジンチェックランプ

〔ユーコン デナリ P0430〕
ユーコン1.jpg
キャタライザーの機能が低下したことを知らせる警告が出てしまいました。
この型のユーコンが多く見られた頃 よく目にしたトラブルコードです。
右側のトラブルのほうが多いようです。
ユーコン2.jpg
まずキャタの容姿を点検します トラブルの出ている側のキャタは熱による劣化が進んでいるようにも見えます。
軽くたたいてみたりして、内部でキャタ自体が割れてしまっていないか確認します。
このトラブルの原因としては車両ハーネスの接触不良などによってO2センサーなどの数値が狂い、燃調がおかしくなりキャタライザーを壊してしまう事がありました。
早い時期に対処しておけば キャタを交換することは避けられます。
posted by M at 10:33| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする