2016年11月19日

ダッチ チャレンジャー 直進不良

〔ダッチ チャレンジャー フロントホイールアライメント〕
まっすぐな道でステアリングが片側にとられたり、ブレーキを踏んだ一瞬だけステアリングが動く…
タイヤの状態やブレーキの状態 フロントのアーム類の状態 ボールジョイントやナックル(よっぽどひどく変形していなければわかりませんが)の状態 車高の左右差なんて点検します。
それからアライメントの測定。
でも このチャレンジャー トー位しか調整できません。
キャンバーやキャスター調整のためのアジャストボルトを使っていないのです。
クレードル.jpg
それらが規定値を外れている場合はエンジンメンバー(クレードル)の取り付けボルトを緩め、全体を前後左右にビミョーに移動させて左右それぞれが規定値におさまるようにするのです。
アッパーアームやアッパーマウントは固定されているので それより下の部分をずらして キャンバーやキャスターを規定値に「近付ける」という作業をしなければなりません。
アジャストボルト2.jpg
アジャストボルト1.jpg
それでも規定値から外れている場合は、この特別なアジャストボルトを使います。
テンションロッド.jpg
テンションロッド
コントロールアーム.jpg
ロアーコントロールアームのクレードル側に使用して アライメント調整をします。
キャスターの変更はテンションストラットで、キャンバーの変更はテンションストラットとコントロールアームの両方で行います。
取り付け説明書では テンションストラットもコントロールアームも0.3インチほどプラス側 マイナス側にずらす事が出来るそうです(+0.3か中立か−0.3の三択です)。
この位置での0.3インチだと片側キャンバー±3℃位はついちゃいますかね? 割とラフな感じの調整しか出来ませんが、効果は絶大です。
最終的にはクレードルの移動で左右の均衡を図ると言う 変なスキルを要求されます。 
posted by M at 14:37| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

コルベット C5 ミスファイヤー

〔C5 コルベット ロッカーアーム〕
特にエンジンの調子は悪くないけれど 診断機でのミスファイヤーグラフが伸びて行く…
よくあることですが 明らかに調子が悪いのは故障です。

ロッカーアーム取り付け軸部に使われているニードルベアリングのカバーが外れ、ニードールローラーがバラバラに外れてしまっています。
ロッカー ニードル1.jpg
正確なバルブリフト量がとれないことでミスファイヤーを起こしてしまうと同時にタペット音が「カチャカチャ」と大きめに出てしまいますから、心配になります。
C5に限らず LS−1ユニットには多いトラブルです。中にはプッシュロッドが曲がったり 折れたり、バルブリフターが破損してしまったりと 結果は様々です。
ロッカー ニードル2.jpg
C5は 後期になるとオイルパンの下部だけでも外せる構造なので、ストレーナーなどの状態を容易に確認できます。
ストレーナー.jpg
他のパーツと比べても 割と硬い材質で出来ているベアリングですから、エンジン内部に置いたままだと この先 何が起こるか予想できません。しかし 神経質に全ての破片を取り除くには エンジンを分解する必要があるかも知れませんね。
ドレンプラグからの排出も期待できません。
ニードル.jpg

ノーマルタイプでは特にバルブクリアランスの調整は無いので、タペット音が大きく感じてきたら点検の必要があるかも知れません。そこそこの何月が経ち そこそこの距離を走ったら交換すると安心です。
posted by M at 10:47| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

コルベット C5 イルミネーションランプ

〔C5コルベット インフォメーションセンタースイッチの照明〕
インフォメーションセンターのスイッチの照明が灯かなくなってしまいました。
辺りが暗くなると 不便に感じます。
電球.jpg
1つがダメでも 組みつけてみると別のランプが灯かなくなったりして、その都度当該箇所を分解するのでは心が折れます。
ですから 全交換です。

インナートリム関係の脱着作業は、ハードな作業をした後では 手が震えていて細かいことが出来なかったり(笑)作業着の汚れを付着させてしまったりと、あまり良いことはありません。なので その日最初の作業にするようにしています。
posted by M at 10:14| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

ダッチ チャレンジャー スピードセンサー

〔ダッチ チャレンジャー VSS系のトラブル〕
アメ車もV6エンジンの搭載や小排気量の時代になって来ましたね。
でもパワーが足りないように感じないのは設計の上手さなんでしょうね。

ダイムラークライスラーの時代 チャレンジャーと言えども 足回りは M.Bそっくりです。
ESP(この名称からしてそっくりです)のトラブルも M.Bそっくりな事が多いですね。
VSS.jpg
今回は VSSではなくその相手側 トーンホイールと言う磁気センサーリングとでも言いますか?磁性を持たせたゴムを巻きつけた ハブシール様のリング!
設置されている場所が、異物が入り込んでリングを傷めてしまう可能性がありそうな構造が気になりますが、同じ様なトラブルってありませんか?
トーンホイール単体での入手が困難だったので、ドライブシャフトAssyの交換となってしまいました。
posted by M at 10:21| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

C2 コルベット フレーム

〔C2 スティングレイ 金属疲労?〕
速度の出せる ゆるいコーナーで突然ステアリングが切れ込むような挙動があります。
リヤ片側のトラクションが失われたようになり、スピンしそうになります。
C2 フレーム1.jpg
デフをマウントしているフレームが溶接部分からはがれてしまい、ある程度の負荷がかかると大きくずれてしまうのです。
走行中にホイールベースが変わってしまうので 挙動が安定しなかったのでしょう。
突然に効きだす出来損ない四輪操舵みたいなものですかね。
C2 フレーム3.jpg
デフそのものが動いてしまうために、デフのフロント側のマウントも千切れかかっています。

それぞれを復元して デフを載せて作業終了です。
C2 フレーム2.jpg
C2 フレーム4.jpg
走行中 デフを落っことさなくて良かったですね。
約50年前の自動車です、大切になさってください。
posted by M at 10:44| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

コルベット C4 シャーシ下からの異音

〔C4 コルベット 下回りからの異音〕
ATセレクターをN→D N→Rにした時に 「パキッ」と音がします。
停車中に強くブレーキを踏んでも 「ギチッ」と音がします。
ハブベアリングにガタが出ています、調整はできません。
ハブ.jpg
走行中 アクセルオフで惰性で走ると 「コトコトコトコト」と音がします。
ジョイント3.jpg
ドライブシャフトのジョイントが完全にアウトです。
グリスアップのニップルは付いていましたが、なかなか注油する機会がないのが現状です。
ジョイント2.jpg
プロペラシャフトも入れると ユニバーサルジョイントは6個あります、全て同時に交換したいですね。
ジョイント1.jpg
posted by M at 10:51| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

リンカーン ナビゲーター トランスファーシフトモーター

〔ナビゲーター 4WDにならない?〕
気温が下がって来ました 4WD SUVの活躍する季節です。

気が付いたら4駈にならない… そんな故障です。
エンコーダーモーター2.jpg
モーターが固着して動きません。
エンコーダーモーター1.jpg
トランスファー内のコイルにつながれているハーネスは、1度切断してからの接続だと 何故かうまく作動しないことがありますね。
カプラー部から抜いて接続します。
posted by M at 10:17| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする