2017年04月26日

季節物

〔コルベット C5 エアーコンディショナー〕
約二日ほどで冷媒ガスが無くなってしまいます。
ディテクターオイルを注入して、もれている場所を特定します。
C5 AC.jpg
交換しない部分の内部は必ず洗浄します。
規定量のオイル、ガスをチャージして作業終了です。

〔ダッジ デュランゴ エアーコンディショナー〕
あまり見なくなってきたデュランゴです。
高圧側の圧力が思うように上がらないようです。
コンプレッサーからは異音が発生していました。
ファンベルト1本で オルタネーターやパワーステアリング、ウォーターポンプ、エアコンを駆動しているので、どれか1つの装置が焼き付き固着してしまいベルトが切れてしまったりすると悲劇です。
デュランゴAC.jpg
ホース&パイプ継ぎ手部を外す作業では、Oリングとスプリングは必ず交換です。
パッキン.jpg


posted by M at 10:28| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。